まくまく Java ノート
jar コマンドで JAR ライブラリを作成する
🏠HOME > Java
2012-09-27

JAR ライブラリの作成

ここでは以下のような Java ファイルから、mylib.jar というライブラリを作成してみます。

MathUtil.java

package my.lib;

public class MathUtil {
    public static int add(int a, int b) {
        return a + b;
    }
}

上記のコードをコンパイルし、以下のようなディレクトリに置きます。

my/lib/MathUtil.class

クラスファイルをアーカイブして、JAR ライブラリを作成するには、jar cvf コマンドを使用します。 以下のようにすると、my ディレクトリ以下のファイル群から mylib.jar が作成されます。

D:\> jar cvf mylib.jar my
added manifest
adding: my/(in = 0) (out= 0)(stored 0%)
adding: my/lib/(in = 0) (out= 0)(stored 0%)
adding: my/lib/MathUtil.class(in = 253) (out= 198)(deflated 21%)

作成された JAR ファイル内のファイルリストを表示するには、jar tvf コマンドを使用します。 自動的に META-INF/MANIFEST.MF というマニフェストファイルが追加されているのが分かります。

D:\> jar tvf mylib.jar
     0 Thu Sep 27 10:55:18 JST 2012 META-INF/
    68 Thu Sep 27 10:55:18 JST 2012 META-INF/MANIFEST.MF
     0 Thu Sep 27 10:52:56 JST 2012 my/
     0 Thu Sep 27 10:52:56 JST 2012 my/lib/
   253 Thu Sep 27 10:47:46 JST 2012 my/lib/MathUtil.class

別のプログラムから JAR ライブラリを使用する

Main.java

import my.lib.MathUtil;

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println(MathUtil.add(100, 200));
    }
}

JAR ライブラリを参照するプログラムをコンパイルするとき、実行するときは、JAR ライブラリへのクラスパスを通しておく必要があります。 クラスパスは、java コマンドや javac コマンドの実行時に -cp オプションで指定するか、CLASSPATH 環境変数で指定しておきます。

コンパイル時に JAR を参照する

D:\> javac -cp mylib.jar Main.java

実行時に JAR を参照する

D:\> java -cp mylib.jar;. Main

複数のクラスパスを指定する場合の区切り文字は、Windows では ;、Linux 系 OS では : になることに注意してください。

クラスパスの指定には、ワイルドカード * が使用できます。 ワイルドカードは、すべての JAR ファイルにマッチします。 例えば、ホームディレクトリの myjars ディレクトリ内に JAR ファイルを置いておく場合は、以下のように環境変数を設定すればよいでしょう。

D:\> set CLASSPATH=%CLASSPATH%;%HOME%/myjars/*
D:\> javac Main.java
🏠HOME > Java
2012-09-27