まくまく Vagrant ノート
不要な Vagrant 仮想マシンを削除する (vagrant destroy)
🏠HOME > Vagrant
2016-10-27

Vagrant で試行錯誤して仮想マシンを作っていると、依然作成した仮想マシンのゴミが残ってしまうことがあります。 ポートフォワード設定が重複してしまうと、新しい仮想マシンの起動も下記のように失敗してしまいます。

The forwarded port to 8080 is already in use on the host machine.

不要な仮想マシンを特定して1つずつ削除する

このような場合は、まず vagrant global-status で Vagrant で管理されている仮想マシンの一覧を表示します。 vagrant status と異なり、vagrant global-status はどのディレクトリからでも実行でき、ホスト上のすべての Vagrant 環境に関する情報を表示してくれます。

C:\> vagrant global-status
id       name     provider   state    directory
--------------------------------------------------------------------------
963e6d9  vagrant1 virtualbox running  D:/z/vagrant
dd68a71  vagrant2 virtualbox poweroff D:/z/vagrant

The above shows information about all known Vagrant environments
on this machine. This data is cached and may not be completely
up-to-date. To interact with any of the machines, you can go to
that directory and run Vagrant, or you can use the ID directly
with Vagrant commands from any directory. For example:
"vagrant destroy 1a2b3c4d"

上記の情報を頼りにして、不要な仮想マシンを削除してしまえば OK です。

D:\> vagrant destroy dd68a71
    vagrant2: Are you sure you want to destroy the 'vagrant2' VM? [y/N] y
==> vagrant2: Destroying VM and associated drives...

仮想マシン名の代わりに ID を指定すると、どのディレクトリからでも vagrant destroy を実行することができます。

どうしてもポートを占有しているプロセスが消えないとき

The forwarded port to 10443 is already in use on the host machine.

といったポート番号の占有エラーがどうしても解消できない場合は、そのポートを占有しているプログラムのプロセスを強引に kill してしまう方法があります。

下記は Windows の例です。 まずは、対象のポートを占有してしまっているプロセスの ID を調べます。

D:\> netstat -ao | findstr 10443
  TCP    0.0.0.0:10443          0.0.0.0:0              LISTENING       10420

プロセス ID 10420 が犯人だと分かりましたので、今度はどんなプログラムによるプロセスなのかを調べます。

D:\> tasklist | findstr 10420
VBoxHeadless.exe             10420 Console                    1     53,948 K

VirtualBox 関連のプログラムっぽいので、どうやら殺しても大丈夫そうなことが分かります。

D:\> taskkill /F /PID 10420
成功: PID 10420 のプロセスに強制終了のシグナルを送信しました。

強引にプロセス削除成功!

🏠HOME > Vagrant
2016-10-27