まくまくAndroidノート
Preference フレームワークを使って設定画面を簡単に作成する
2019-08-19

preference-fw-001.png

Preferences フレームワーク

Android が提供する Preferences フレームワークを使用すると、SharedPreferences による設定リソースをベースにした設定画面を簡単に作成することができます。 設定画面の表示は Android が用意している PreferenceFragmentCompat クラスにより行われるため、ユーザーが使い慣れた UI で設定画面を表示することができます。 設定画面に表示する項目は、PreferenceScreen 要素をルートにした XML ファイルを作成することで定義できます(コード内で動的に PreferenceScreen オブジェクトを構築することもできます)。

  • PreferenceFragmentCompat クラス
    • 設定画面を表示するためのベースとなる Fragment クラスです。
  • PreferenceScreen レイアウトファイル
    • PreferenceActivity で表示する設定項目の階層構造を定義した XML ファイルです。ユーザーが選択できる項目のリストを管理したり、SharedPreferences のキーを関連付けたりすることができます。

コラム: API level 28 以前は、設定画面用のクラスとして PreferenceActivity が使われていましたが、今は PreferenceFragmentCompat クラスを使用します。

ライブラリの依存関係の追加

PreferenceFragmentCompat クラスを使用するには、androidx.preference:preference ライブラリへの依存を追加しておく必要があります。

app/build.gradle

dependencies {
    implementation 'androidx.preference:preference:1.0.0'
}

コラム: Preferences 系のクラスは、以前は support ライブラリとして提供されており、名前空間は android.preference でした。現在は androidx.preference という名前空間で提供されている AndroidX ライブラリの方を使用する必要があります。

設定項目を定義する

Android アプリのレイアウトファイルは通常 res/layout ディレクトリに配置しますが、Preferences フレームワークを使って設定画面を表示する場合は、res/xml ディレクトリに XML ファイルを配置します。

ファイル名は任意ですが、ここでは preferences.xml とします(プログラム内からは R.xml.preferences と参照することになります)。 この XML ファイルのルート要素は <PreferenceScreen> にする必要があります。

下記は、2 つのスイッチ項目と、2 つのチェックボックス項目を持つ PreferenceScreen レイアウトの例です。 それぞれを PreferenceCategory でグルーピングして表示しています。

res/xml/preferences.xml

<androidx.preference.PreferenceScreen
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">

  <PreferenceCategory android:title="スイッチによる設定">
    <SwitchPreferenceCompat
      android:key="switch1"
      android:title="スイッチ1"
      android:summary="1つ目のスイッチだよ"
      android:defaultValue="true" />
    <SwitchPreferenceCompat
      android:key="switch2"
      android:title="スイッチ2"
      android:summary="2つ目のスイッチだよ"
      android:defaultValue="false" />
  </PreferenceCategory>

  <PreferenceCategory android:title="チェックボックスによる設定">
    <CheckBoxPreference
      android:key="checkbox1"
      android:title="チェックボックス1"
      android:summary="1つ目のチェックボックスだよ"
      android:defaultValue="true" />
    <CheckBoxPreference
      android:key="checkbox2"
      android:title="チェックボックス2"
      android:summary="2つ目のチェックボックスだよ"
      android:defaultValue="false" />
  </PreferenceCategory>

</androidx.preference.PreferenceScreen>

PreferenceScreen 要素以下には、様々な種類の Preference 要素を配置することができます。 下記は代表的な Preference 要素の例で、すべて Preference クラスのサブクラスとして定義されています。

Preference 要素 表示内容
SwitchPreferenceCompat ON/OFF の設定(スイッチ)
CheckBoxPreference ON/OFF の設定(チェックボックス)
ListPreference リストで選択項目を表示
DropDownPreference ドロップダウンで選択項目を表示(ListPreference の拡張)
EditTextPreference テキスト入力のダイアログを表示
PreferenceCategory 設定項目をグルーピングして title を表示

設定項目の key 属性

Preference 要素には key 属性を設定することができ、自動的に アプリケーションのデフォルトの SharedPreferences ファイル にそのキー名で設定値が保存されるようになります。 設定ファイルのパスは下記のようになります。

/data/data/<package名>/shared_prefs/<pacakge名>_preferences.xml

上記のサンプルコードを用いた場合、出力は下記のようになります。

com.example.myapp_preferences.xml

<?xml version='1.0' encoding='utf-8' standalone='yes' ?>
<map>
    <boolean name="switch1" value="true" />
    <boolean name="switch2" value="false" />
    <boolean name="checkbox1" value="true" />
    <boolean name="checkbox2" value="false" />
</map>

Preference 要素の key 属性の値は、このように、デフォルトの SharedPreferences 設定ファイルの name 属性にマッピングされるため、その中で一意になるように管理しておく必要があります。 名前にはドットなどの記号を含めることができるので、必要に応じて display.color.main のように階層化した名前で管理するとよいでしょう。

ファイルに保存された設定値は、次に設定画面を開くときに自動的に読み込まれます。 アプリケーション内で設定情報を参照したい場合は、下記のような感じでデフォルトの SharedPreferences インスタンスを取得します(詳しくは こちらの記事 を参照)。

// SharedPreference インスタンスを取得
val prefs = PreferenceManager.getDefaultSharedPreferences(context)

// あとは各設定値を参照するだけ
val userName = prefs.getString("userName", "名無しさん")
val userAge = prefs.getInt("userAge", -1)

設定画面の階層化

XML ファイルのルート要素として配置する <PreferenceScreen> は、一画面分の設定項目をまとめる単位です。 以前はこの要素を入れ子構造にすることで、2 階層以上の設定画面を構成する方法がサポートされていましたが、今はこのやり方はサポートされていません。 代わりに、<Preference> 要素にフラグメント名を対応付け、その要素がタップされたときに新しくそのフラグメントを起動するように実装する必要があります。詳しくは下記のドキュメントを参照してください。

設定画面を表示する

PreferenceFragmentCompat クラスは、設定項目を表示するためのベース Fragment クラスとして使用できます。 このクラスを継承する形で独自の Fragment クラスを実装し、上記で作成した XML ファイルを setPreferencesFromResource() メソッドで読み込みます。 つまり、このメソッドで 読み込む XML ファイルを切り替えるだけで、複数の設定画面を切り替えて表示することができます

MyPreferenceFragment.kt

package com.example.myapp

import android.os.Bundle
import androidx.preference.PreferenceFragmentCompat
import com.example.myapp.R

class MyPreferenceFragment : PreferenceFragmentCompat() {
    override fun onCreatePreferences(savedInstanceState: Bundle?, rootKey: String?) {
        // res/xml/preferences.xml ファイルに従って設定画面を構成
        setPreferencesFromResource(R.xml.preferences, rootKey)
    }
}

この Fragment を表示するための Activity も作った方がよさそうですが、ここでは MainActivity の上に表示してしまうことにしましょう。

layout/activity_main.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context=".MainActivity">
    <FrameLayout
        android:id="@+id/settings_container"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent" />
</androidx.constraintlayout.widget.ConstraintLayout>

MainActivity.kt

package com.example.myapp

import androidx.appcompat.app.AppCompatActivity
import android.os.Bundle

class MainActivity : AppCompatActivity() {
    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_main)

        // 設定用の Fragment を表示
        supportFragmentManager
            .beginTransaction()
            .replace(R.id.settings_container, MyPreferenceFragment())
            .commit()
    }
}

SharedPreferences のデフォルト値

Preference XML ファイルの defaultValue 属性で設定したデフォルト値は、設定画面を開いたときに初めて使用されます。 でもこれでは、先に SharedPreferences オブジェクトの getter 系メソッドを呼び出したときにデフォルト値として取得できません。

setDefaultValues を使う方法

PreferenceManager.setDefaultValues 関数を呼び出すと、Preference XML の defaultValue 属性の値を読み込んで、SharedPreferences オブジェクトの初期値として先回りして設定しておくことができます。 このメソッドは、アプリの MainActivity となるクラスで呼び出すべきとされているので、下記のように Application クラスや MainActivityonCreate で呼んでおけばよいでしょう(I/O アクセスが若干気になりますが)。

class App : Application() {
    lateinit var prefs: SharedPreferences

    override fun onCreate() {
        super.onCreate()

        // Start loading preferences as early as possible to avoid ANR when
        // referring the configuration for the first time.
        PreferenceManager.setDefaultValues(this, R.xml.preferences, false)
        prefs = PreferenceManager.getDefaultSharedPreferences(this)
    }
}

このやり方のイケてないところは、setDefaultValues 自体の処理が重く、それにもかかわらずメインスレッドから実行することを前提とした実装になっているところです。 コルーチンの中から呼び出していると、android.view.InflateException 例外で落ちたりします(少なくとも Android 10 時点では NG)。 なので、デフォルト値を扱うときは下記の方法をオススメします。

リソースにデフォルト値をまとめる方法(オススメ)

SharedPreferences のデフォルト値を扱うときのオススメの方法は、リソースファイルでデフォルト値を定義し、その値を Preference XML ファイルと、SharedPreferences#getString() の両方のデフォルト値として参照する方法です。

例えば、下記のような感じで、リソースファイルに設定画面用の表示ラベルと一緒にデフォルト値を定義しておきます。

res/values/settings.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
    <string name="settings_fps_key">settings.fps</string>
    <string name="settings_fps_title">FPS</string>
    <string name="settings_fps_summary_on">Show</string>
    <string name="settings_fps_summary_off">Hide</string>
    <bool name="settings_fps_default">false</bool>
</resource>

設定画面を構成するための Preference XML ファイルからは、下記のように参照します。

res/xml/preferences.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<androidx.preference.PreferenceScreen
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    app:title="MyApp Settings">

    <SwitchPreference
        app:key="@string/settings_fps_key"
        app:title="@string/settings_fps_title"
        app:summaryOn="@string/settings_fps_summary_on"
        app:summaryOff="@string/settings_fps_summary_off"
        app:defaultValue="@bool/settings_fps_default" />
</androidx.preference.PreferenceScreen>

プログラムの中からは、下記のようにデフォルト値を参照します。

val prefs = PreferenceManager.getDefaultSharedPreferences(context)
val isFpsOn = prefs.getBoolean(
    context.resources.getString(R.string.settings_fps_key),
    context.resources.getBoolean(R.bool.settings_fps_default))

これで、重い SharedPreferences.setDefaultValues() を使わずに、初回起動時のデフォルト設定値をうまく扱うことができます。

ちなみに、res/values ディレクトリ以下に配置するリソースファイルの名前は何でもよいって知ってました? ここでは strings.xml ではなく、settings.xml という名前で作成してみました。 このルールを知っていれば、特定の機能で使うリソースを複数ファイルにバラバラに定義しなくて済みます。

いろいろな Preference 要素

リストから選択 (ListPreference)

preference-fw-002.png

Preference 要素として ListPreference を使用すると、いくつかの項目の中からユーザに選択させることができます。

res/xml/preferences.xml

<androidx.preference.PreferenceScreen
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">
    <ListPreference
        android:key="fruit"
        android:title="Favorite fruit"
        android:entries="@array/fruit_labels"
        android:entryValues="@array/fruit_values"
        android:dialogTitle="Favorite fruit"
        android:defaultValue="apple" />
</androidx.preference.PreferenceScreen>

選択項目ごとのラベルや値は下記のように配列リソースとして定義しておきます。

res/values/arrays.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
    <string-array name="fruit_labels">
        <item>りんご</item>
        <item>バナナ</item>
        <item>オレンジ</item>
    </string-array>
    <string-array name="fruit_values">
        <item>apple</item>
        <item>banana</item>
        <item>orange</item>
    </string-array>
</resources>

ちなみに、数値の配列だとしても、タグは string-array を使用する必要があるみたいです(integer-array などにすると ListPreferenceNullPointerException で落ちます)。

他の Activity を起動する

Preference 要素内に intent 要素を入れておくと、その設定項目を選択したときにインテントを発行して任意の Activity を起動することができます。 下記は、Android のディスプレイ設定画面を起動する例です。

res/xml/preferences.xml

<androidx.preference.PreferenceScreen
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">

    <Preference android:title="ディスプレイ設定を起動">
        <intent android:action="android.settings.DISPLAY_SETTINGS" />
    </Preference>
</androidx.preference.PreferenceScreen>

ON 状態と OFF 状態で summary テキストの表示を切り替える

preference-fw-003.png preference-fw-004.png

SwitchPreferenceCompat 要素の summary 属性の代わりに、summaryOn 属性と summaryOff 属性を使用すると、設定の ON/OFF に応じて表示テキストを切り替えることができます。

<androidx.preference.PreferenceScreen
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">

    <SwitchPreferenceCompat
        android:key="check_updates"
        android:title="Check updates"
        android:summaryOn="起動時に最新データに更新します"
        android:summaryOff="データの更新を行いません"
        />
</androidx.preference.PreferenceScreen>

EditTextPreference や ListPreference の summary 領域に入力したテキストを自動で表示する

preference-fw-005.png preference-fw-006.png preference-fw-007.png

EditTextPreferenceListPreferenceuseSimpleSummaryProvider 属性を true に設定しておくと、ユーザーの入力したテキスト(あるいは選択した値)が自動的に summary 領域に表示されるようになります。

res/xml/preferences.xml

<androidx.preference.PreferenceScreen
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto">
    <EditTextPreference
        android:key="username"
        android:title="User name"
        android:dialogTitle="User name"
        android:defaultValue="名無しさん"
        app:useSimpleSummaryProvider="true" />
</androidx.preference.PreferenceScreen>

ネームスペースは、xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android ではなく、xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto の方を使わないと、「そんな属性はない」と怒られてしまうので注意してください。

この機能は、anrdoidx.preferences の version 1.1.0-alpha01 以降からサポートされているため、build.gradle でそれ以上のバージョンを指定しておく必要があります。

app/build.gradle

dependencies {
    implementation 'androidx.preference:preference:1.1.0-rc01'
}

読んでおくべきドキュメント

Android Settings Design Guidelines

コーディング方法というより、一般的な設定 UI はこうあるべき、という下記のようなガイドラインが示されています。 こういった知識は Android 以外のアプリ開発にも活用できるので読んでおいて損はないです。

  • よく使う項目から並べる
  • 1ページに表示する項目は多くても10~15項目
  • 多くの設定項目をリスト表示するときはグルーピング機能、区切り線を使う
  • 設定画面はコンテキストに応じて複数用意することを考慮する(設定項目は複数の設定画面から共有して表示してよい)
  • タイトル名の付け方(”General Settings” などは避ける)
  • 設定項目に親子関係がある場合、マスター設定項目を用意して、子項目をまとめて Enable/Disable できるようにする
  • ラジオボタンは個別の設定画面で表示する(他の設定項目と一緒にリストに並べない)
  • ユーザ入力を受け付けるボタンやリンクなどは、アプリのテーマに沿った色で表示する
  • ボタンを表示するときは、Positive なアクションはテーマカラーで、Negative なアクション(アンインストールとか)はグレーで表示する
  • Advanced な設定はデフォルトでは閉じた状態で表示する
  • チェックボックスよりもスイッチを使う。でも項目が多い場合や、Negative な項目(通知ブロック)などはチェックボックスの方がわかりやすいことがある。
2019-08-19