まくまくDockerノート
Docker をインストールする (Docker Desktop / Docker Engine)
2022-01-25

Docker 実行環境のインストール

Docker の実行環境(docker コマンド)をインストールするには、下記の公式マニュアルの手順に従ってください。 基本的に、Windows や macOS では Docker Desktop、Linux では Docker Engine をインストールすることになります。

例えば、Linux 環境では次のような感じで Docker Engine をインストールできます(詳細は上記の公式ページを参照してください)。

### インストール
$ curl -sSL get.docker.com -o install.sh
$ sh install.sh

### Docker サービスを systemd で自動起動する設定
$ systemctl enable docker

### Docker サービスを直ちに起動
$ systemctl start docker

インストール手順を実行後、docker コマンドが使えるようになっていれば準備 OK です。

$ docker system info

Docker Desktop について

Docker コンテナを動作させるためのコアになる Docker Engine は、Linux OS 上で動作させることを前提としているため、そのままでは Windows や macOS 上で動かすことができません。 Windows や macOS で Docker を動かすには、まず、Linux VM(仮想環境)を立ち上げ、その上で Docker Engine を動作させる、といった複雑な手順が必要です。

とはいえ、それでは手間がかかるので、Windows や macOS には Docker Desktop というソフトウェアが提供されており、これをインストールすると、Linux VM + Docker の実行環境を一度に整えられます(Windows では内部的に WSL2(Windows 標準の仮想環境)が利用されます)。 さらに、Docker Desktop は次のような GUI フロントエンドを備えており、ここから Docker イメージの管理、コンテナの管理、ボリュームの管理などを行えるため非常に便利です。

img-001.png

Docker Desktop をインストールすると、Docker Engine だけでなく、下記がまとめて使えるようになります。

  • Docker Engine
  • Docker CLI client
  • Docker Build/BuildKit
  • Docker Compose
  • Docker Content Trust
  • Kubernetes
  • Docker Scan
  • Credential Helper

Docker Desktop は Linux VM として、BusyBox ベースの軽量な Alpine Linux を使用しているため、高速に起動することができます。 下手に自分で Linux VM 環境を用意するより快適に使用できます。

2022年2月からは、Docker Desktop を巨大企業(250人以上 or 1,000万ドル以上の収益)で使用する場合は有償になるため注意してください。 個人利用では引き続き無料(Personal プラン)で使用できます。

2022-01-25