まくまくGitノート
最近のコミットを歴史から抹消する
2018-08-31

最近実行したコミットを、完全にコミットログ上から削除してしまいたい場合は、git rebase を下記のような感じで実行します。

$ git rebase -i HEAD~5  # 最近の5つのコミットから選んで削除したいとき
$ git rebase -i 40facd  # 指定したコミットから最新までの中から選んで削除したいとき

上記のように実行すると、下記のようにコミットのリストがエディタ上に表示されます。

pick 26b81e6 How to show dependencies of subprojects
pick 86f2132 Correct ffmpeg options
pick 892197c Vim articles
pick 492c84c How to use Sass in Hugo
pick fa18ad8 Correct Markdown format

# Rebase d67f4e7..fa18ad8 onto d67f4e7 (5 command(s))
#
# Commands:
# p, pick = use commit
# r, reword = use commit, but edit the commit message
# e, edit = use commit, but stop for amending
# s, squash = use commit, but meld into previous commit
# f, fixup = like "squash", but discard this commit's log message
# x, exec = run command (the rest of the line) using shell
# d, drop = remove commit
#
# These lines can be re-ordered; they are executed from top to bottom.
#
# If you remove a line here THAT COMMIT WILL BE LOST.
#
# However, if you remove everything, the rebase will be aborted.
#
# Note that empty commits are commented out

歴史から削除したいコミットの行頭に書かれている、pick という部分を、drop に書き換えて保存すれば、それらのコミットがなかったことになります。

pick 26b81e6 How to show dependencies of subprojects
drop 86f2132 Correct ffmpeg options  ★履歴から消したいコミット
pick 892197c Vim articles
drop 492c84c How to use Sass in Hugo ★履歴から消したいコミット
pick fa18ad8 Correct Markdown format

この操作は、git push で公開したコミットに対して実行してはいけません。 すでにリポジトリを clone しているユーザが大混乱することになります。 どうしても共有リポジトリ側に git push したい場合は、次のように -f オプションをつけて強制的に push する必要があります(付けないとエラーになる)。

$ git push -f

コラム: 昔のバージョンの Git の場合

古いバージョンの Git では、git rebase -i コマンドを実行したときに表示されるコミットリストの先頭に、pickdrop などの選択肢は表示されていませんでした。 単純に行ごと削除することで、そのコミットを履歴から削除することができました。

2018-08-31