まくまくGitノート
GitHub で管理している社内リポジトリをトピックで分類する
2020-10-14

GitHub リポジトリのトピック機能

社内で GitHub を使っている場合、組織内 (GitHub organization) にたくさんのリポジトリがごちゃ混ぜになっているかもしれません。 例えば、製品アプリ用のリポジトリ、社内ツール用のリポジトリ、ドキュメント管理用のリポジトリなどなど。

このような場合は、リポジトリのトピック機能 を使用すると、リポジトリをグループ化して管理することができます。 例えば、一般ユーザーにリリースする予定の製品アプリには product というトピックを付けるというルールで運用すると、製品アプリの一覧を簡単に作成することができます。 GitHub API を使ってリポジトリの一覧情報を取得すれば、高度な自動化処理を実現することができます。

GitHub リポジトリにトピックを割り当てる

リポジトリへのトピック割り当てはとても簡単です。 リポジトリのトップページを開き、右上の 歯車アイコンをクリック します。

topics-001.png

すると、リポジトリの情報を入力するダイアログが開くので、Topics の項目に任意のトピック名を入力します。 ここでは、製品アプリであることを示す product というトピックを付けています。

topics-002.png

あとは、左上の検索窓などに topic:product と入力すれば、組織内の製品アプリ用のリポジトリの一覧を表示することができます。

topics-003.png

topics-004.png

このときブラウザに表示されている URL を共有すれば、マネージャー陣にアプリリストを提出するということも簡単にできます。 製品別のトピックを付けて管理するのもいいですね!

2020-10-14