まくまくGitノート
コミット、チェックアウト時に改行コードを自動変換する
2014-03-21

git config による設定で、core.autocrlfcore.safecrlf を設定しておくと、コミット時、チェックアウト時に改行コードを自動変換することができます。 変換設定として、下記のような設定を行うことができます。

  • core.autocrlf
    • false: コミット時、チェックアウト時に改行コードの変換を行わない
    • true: コミット時に CRLF→LF の変換を行い、チェックアウト時に LF→CRLF の返還を行う。
    • input: コミット時に CRLF→LF の変換を行い、チェックアウト時には変換を行わない。
  • core.safecrlf
    • true: ファイル内に複数の改行コードが混じっている場合に自動変換を行わない。

おすすめの設定は以下の通りです。

Windows の場合

$ git config --global core.autocrlf true  # コミット時: CRLF=>LF チェックアウト時: LF=>CRLF
$ git config --global core.safecrlf true  # ファイル内に複数の改行コードが混じっている場合に自動変換をしない
$ git config --global core.whitespace cr-at-eol  # git diff 時の ^M を抑制

Mac/Linux の場合

$ git config --global core.autocrlf input  # コミット時: CRLF=>LF チェックアウト時: 変換なし
$ git config --global core.safecrlf true   # ファイル内に複数の改行コードが混じっている場合に自動変換をしない

改行コード関連の変換を一切行ってほしくない場合は、単純に core.autocrlffalse に設定します。 複雑な構成管理を行っている環境では、結局この設定が一番安全だったりします。

$ git config --global core.autocrlf false
2014-03-21