まくまくGitノート
Git の設定値がどのファイルで設定されているか調べる (config --show-origin)
2020-03-04

Git 設定のスコープには、local/global/system などがあり、ある設定値がどのスコープ(設定ファイル)で行われているか混乱することがあります。

そのような場合は、次のようにすれば、それぞれの設定値がどのファイルで設定されいるものなのか調べることができます。

$ git config --list --show-origin
...
file:/Users/maku/.gitconfig  user.name=maku77
file:/Users/maku/.gitconfig  user.email=xxx@gmail.com
file:/Users/maku/.gitconfig  core.editor=vim
file:/Users/maku/.gitconfig  push.default=simple
file:.git/config  core.repositoryformatversion=0
file:.git/config  core.filemode=true
file:.git/config  core.bare=false
file:.git/config  core.logallrefupdates=true
file:.git/config  core.ignorecase=true
file:.git/config  core.precomposeunicode=true
file:.git/config  remote.origin.url=https://github.com/maku77/maku77.github.io.git
file:.git/config  remote.origin.fetch=+refs/heads/*:refs/remotes/origin/*
file:.git/config  branch.master.remote=origin
file:.git/config  branch.master.merge=refs/heads/master

この例の場合、/Users/maku/.gitconfig で始まるものが global スコープ、.git/config で始まるものが local スコープで設定されていることが分かります。

ここでは、--list オプションですべての設定値を列挙していますが、次のように個別の設定値に関して調べることもできます。

$ git config --show-origin user.name
file:/Users/maku/.gitconfig  user.name=maku77
2020-03-04