まくまくGradleノート
Gradle 実行時の 3 つのフェーズ
2014-06-08

Gradle によるビルドを実行するとき、内部では下記のような 3 つのフェーズに分けてビルドが実行されていきます。

  1. Initialization フェーズ
  2. Configuration フェーズ
  3. Execution フェーズ

(1) Initialization フェーズ

マルチプロジェクトにおけるプロジェクトの依存関係が解決され、プロジェクトのビルド順序が決められるフェーズです。 サブプロジェクトの構成は、トップレベルのディレクトリに置かれる settings.gradle ファイルで定義されます(Gradle の内部では、このファイルを基に Settings オブジェクトが生成されています)。

settings.gradle

include 'subproject1'
include 'subproject2'

また、プロジェクトごとに Gradle 内部で Project インスタンスが生成されています(マルチプロジェクトなビルド構成であれば、複数の Project インスタンスが生成されます)。 プロジェクトの依存関係は、各プロジェクトの dependencies ブロック内で定義されます。

dependencies {
    compile project(':subproject')
    ...
}

(2) Configuration フェーズ

すべてのプロジェクトの build.gradle が処理され、すべてのタスクの依存関係を認識するフェーズです。 タスクの依存関係は、下記のように dependsOn プロパティで指定されます。

task task2(dependsOn: task1) << {
    println 'Hello task2'
}

上記の例では依存タスクを task1 というオブジェクトで指定していますが、'task1' のように、文字列でタスク名を指定することもできます。 文字列でタスク名を指定することにより、その時点でまだ定義されていないタスクを指定することができます。 Configuration フェーズでは、すべてのタスク定義を走査するため、最終的にはすべての依存関係が問題なく解決されます(逆に、Configuration フェーズ終了時に未解決なタスクがあるとエラーになります)。

Gradle の処理系内部では、依存グラフ (dependency graph) が生成されています。

(3) Execution フェーズ

実際にどのタスクを実行すべきかを判断し、タスクの実行を行うフェーズです。 gradle コマンドに渡したタスク名や、実行時のカレントディレクトによってどのタスクを実行するかが変化します。

2014-06-08