まくまくHugo/Goノート
Go 言語の組込み型一覧
2017-09-01
Go 言語には次のような組込み型が定義されています。
  • 真偽値
    • booltrue or false
  • 数値
    • int – システム依存サイズの符号あり整数
    • int8 – 8 ビット符号あり整数
    • int16 – 16 ビット符号あり整数
    • int32 – 32 ビット符号あり整数
    • int64 – 64 ビット符号あり整数
    • byte – uint8 のエイリアス
    • uint – システム依存サイズの符号なし整数
    • uint8 – 8 ビット符号なし整数
    • uint16 – 16 ビット符号なし整数
    • uint32 – 32 ビット符号なし整数
    • uint64 – 64 ビット符号なし整数
    • float32 – 32 ビット浮動小数点数
    • float64 – 64 ビット浮動小数点数
    • complex64 – 64 ビット複素数
    • complex128 – 128 ビット複素数
  • ポインタ
    • uintptr – ポインタ値(アドレス)を格納する、システム依存サイズの符号なし整数
  • 文字、文字列
    • rune – 1文字を表す(Unicode のコードポイント)。int32 のエイリアス。文字リテラルは、'あ' のようにシングルクォートで囲んで表現する。
    • string – 文字列。文字列リテラルは、"あいうえお" のようにダブルクォートで囲んで表現する。文字列は immutable(不変)であり、一文字だけを別の文字に置き換えたりすることはできない(必ず別の文字列を作成する必要がある)。空文字列 ("") は格納できるが、nil は格納できない。
  • エラー用インタフェース
    • error
2017-09-01