まくまくHugo/Goノート
サイト内の全ページの一覧をセクションの階層構造に従って表示する
2020-01-14
現在の階層のページ一覧を出力するテンプレートを再帰的に呼び出すようにすると、サイト内の全てのセクションとページを、ツリー構造で表示することができます。すべてのページのリンクが出力されるので、サイトマップの出力に使用したり、ホームページ用のテンプレートに利用するとよいでしょう。

ツリー出力の基本

下記は、サイト内のすべてのページをツリー形式で表示するサンプルテンプレートです。 セクション変数の .Pages を参照すると、そのセクションに含まれるサブセクションや通常ページを取得することができるので、それを range でループ処理しています。 部分テンプレート hierarchy を定義し、これをホームページ (.Site.Home) から再帰的に呼び出すことで全ページのツリー構造を出力しています。

layouts/index.html(抜粋)

<h2>全ページのリスト</h2>

{{- define "hierarchy" }}
  <ul>
    {{- range .Pages }}
      <li><a href="{{ .RelPermalink }}">{{ .Title }}</a>
      {{- if .IsSection }}{{ template "hierarchy" . }}{{ end }}
    {{- end }}
  </ul>
{{- end }}

{{ template "hierarchy" .Site.Home }}

出力結果のイメージ(実際には各項目がリンクになります)

* タイトル A
* セクション 1
    * セクション 1-1
        * タイトル 1-1-A
        * タイトル 1-1-B
    * タイトル 1-A
    * タイトル 1-B
* タイトル B
* タイトル C
* セクション 2
    * セクション 2-1
        * タイトル 2-1-A
        * タイトル 2-1-B

ここでは、hierarchy のパラメータとして .Site.Home を渡しているため、サイト全体のページツリーが出力されていますが、任意のセクションをルートにしてページツリーを出力することもできます。 例えば、セクションテンプレートなど下記のように呼び出せば、現在のページが所属しているセクション (.CurrentSection) 以下のセクションおよびページをツリー表示できます。

{{ template "hierarchy" .CurrentSection }}

セクションページを優先的に表示する

ページをリスト化するときに、セクションページを通常ページよりも先に表示したいときは、例えば次のようにします。 ここでは、セクションページと通常ページを .Pages でまとめてループ処理するのではなく、.Sections でセクションページのみを先にループ処理してから、.RegularPages で通常ページをループ処理するようにしています。

{{- define "hierarchy" }}
  <ul>
    {{- /* セクションページをループ処理 */}}
    {{- range .Sections }}
      <li><a href="{{ .RelPermalink }}">&#128193;{{ .Title }}</a>
      {{- template "hierarchy" . }}
    {{- end }}

    {{- /* 通常の記事ページをループ処理 */}}
    {{- range .RegularPages }}
      <li><a href="{{ .RelPermalink }}">{{ .Title }}</a>
    {{- end }}
  </ul>
{{- end }}

{{ template "hierarchy" .Site.Home }}

出力結果のイメージ(セクションページが先に表示される)

* セクション 1
    * セクション 1-1
        * タイトル 1-1-A
        * タイトル 1-1-B
    * タイトル 1-A
    * タイトル 1-B
* セクション 2
    * セクション 2-1
        * タイトル 2-1-A
        * タイトル 2-1-B
* タイトル A
* タイトル B
* タイトル C

ちなみに、リンク名の前に表示している &#128193; はフォルダアイコンを表示するための Unicode です。 フォルダアイコンを表示する別の方法として、Hugo の絵文字表示機能 (emojify) を使って、{{ emojify ":open_file_folder:" }} のように記述する方法もあります。

指定したセクションも含めて表示する

ツリー構造が一段深くなってしまうのでオススメはしませんが、指定したセクション(ルートセクション)も含めてツリー表示するには、例えば次のように実装します。

{{- define "hierarchy" }}
  <ul>
    <li><a href="{{ .RelPermalink }}">&#128193;{{ .Title }}</a>
    {{- range .Sections }}
      {{- template "hierarchy" . }}
    {{- end }}
    {{- range .RegularPages }}
      <ul>
        <li><a href="{{ .RelPermalink }}">{{ .Title }}</a>
      </ul>
    {{- end }}
  </ul>
{{- end }}

{{ template "hierarchy" .Site.Home }}

次のように、ホームページをルートとしてツリー表示されます。

出力結果のイメージ

* ホーム
    * セクション 1
        * セクション 1-1
            * タイトル 1-1-A
            * タイトル 1-1-B
        * タイトル 1-A
        * タイトル 1-B
    * セクション 2
        * セクション 2-1
            * タイトル 2-1-A
            * タイトル 2-1-B
    * タイトル A
    * タイトル B
    * タイトル C

2 階層目までを表示する

下記の例では、hierarchy ローカルテンプレートに level というパラメータを追加し、そのパラメータで指定した階層までのページリストを表示するように変更したものです。 ここでは level に 2 を指定して、2 階層目までのページをツリー出力しています。

layouts/index.html(抜粋)

<h2>2 階層目までのページのリスト</h2>

{{- define "hierarchy" }}
  {{- $section := .section }}
  {{- $level := .level }}
  <ul>
    {{- range $section.Pages }}
      <li><a href="{{ .RelPermalink }}">{{ if .IsSection }}&#128193;{{ end }}{{ .Title }}
      {{- if and .IsSection (gt $level 1) }}
        {{- template "hierarchy" (dict "section" . "level" (sub $level 1)) }}
      {{- end }}
      </li>
    {{- end }}
  </ul>
{{- end }}

{{ template "hierarchy" (dict "section" .Site.Home "level" 2) }}

出力結果のイメージ

* タイトル A
* セクション 1
    * セクション 1-1
    * タイトル 1-A
    * タイトル 1-B
* タイトル B
* タイトル C
* セクション 2
    * セクション 2-1

hierarchy テンプレートを再帰呼び出しするときに、sub 関数で level パラメータの値を 1 つずつ減らすことで、再帰処理を途中で止めるようにしています。

2020-01-14