まくまくHugo/Goノート
Markdown ファイルに記述した HTML コードが削除されてしまう
2019-12-26

Goldmark 化による弊害

Hugo v0.60.0 から Markdown パーサーとして Goldmark が採用され、Markdown の解釈が微妙に変わっています。

例えば、今までは .md ファイル内に記述した HTML コードはそのまま出力されていたのに、デフォルトで取り除かれるようになっています。 これまでに作成した記事で HTML タグを使用している場合はちょっと困ってしまいます。

Markdown ファイル内に HTML コードを記述できるようにする

.md ファイルに記述した HTML コードを、これまで通り出力できるようにするには、Hugo の設定ファイルで次のように指定します。

config.toml(TOML フォーマットの場合)

[markup.goldmark.renderer]
  unsafe = true

config.yaml(YAML フォーマットの場合)

markup:
  goldmark:
    renderer:
      unsafe: true

もちろん、使用する Markdown パーサー自体を旧来の BlackFriday に設定するという方法もあります。

[markup]
  defaultMarkdownHandler = "blackfriday"

ただ、Goldmark の方が高速に動作するようなので、前向きに Goldmark に乗り換えることを考えた方がよいでしょう。

2019-12-26