まくまくHugo/Goノート
日本語を正しく扱えるようにしてページサマリーが長くなるのを防ぐ
2017-08-29

Hugo の記事一覧ページでは、記事の先頭部分を特定の単語数 (70 words) だけサマリー表示するようになっています。 ただし、このワードカウントはデフォルトでは英語などの単語数をベースに計算されているので、日本語などでは正しくカウントされずに、長大なサマリーが表示されてしまいます。

日本語の文字数を正しく数えて、短いサマリーを表示できるようにするには、設定ファイルで下記のように hasCJKLanguagetrue に設定します。

config.toml

hasCJKLanguage = true

config.yaml

hasCJKLanguage: true

これで、Hugo 内部の .Summary.WordCount が正しく動作するようになり、短いサマリー文章が表示されるようになります。

各ページごとに設定を行いたい場合は、下記のように front matter ヘッダで、isCJKLanguagetrue に設定します。

---
title: "記事のタイトル"
date: "2017-08-29"
isCJKLanguage: true
---

記事の本文

設定ファイルでは hasCJKLanguage を設定し、front matter では isCJKLanguage を設定することに注意してください。

2017-08-29