まくまくJavaScriptノート
配列の分割代入で複数の値を同時に代入する (Array destructuring)
2019-06-18

配列の分割代入の基本

ECMAScript 2015 (ES6) でサポートされた分割代入の仕組みを使用すると、配列の要素を複数の変数にまとめて代入することができます。

const arr = [1, 2, 3];
const [x, y, z] = arr;

次のようにして、可変長の要素をまとめて最後の変数で受け取ることもできます。

const arr = [1, 2, 3, 4, 5];
const [x, y, ...rest] = arr;

console.log(x);     //=> 1
console.log(y);     //=> 2
console.log(rest);  //=> [3, 4, 5]

代入する値が足りない場合は、undefined になります。

const arr = [1, 2];
const [x, y, z] = arr;

console.log(x);  //=> 1
console.log(y);  //=> 2
console.log(z);  //=> undefined

関数のデフォルト引数のようなこともできます。

const arr = [1, 2];
const [x=0, y=0, z=0] = arr;

console.log(x);  //=> 1
console.log(y);  //=> 2
console.log(z);  //=> 0

分割代入の使用例

関数から複数の戻り値を返す(多値関数)

これが最も便利な使い方かと思います。 下記の divrem 関数は、割り算の結果(商と剰余)をまとめて返します。 呼び出し側では、分割代入の仕組みを使って別々の変数に結果を格納しています。

function divrem(a, b) {
  return [Math.floor(a / b), a % b]
}

[quotient, remainder] = divrem(10, 3);
console.log(quotient, remainder);  //=> 3, 1

値のスワップ

次のようにすれば、一時変数を使わずに 2 つの変数の値をスワップできます。

[a, b] = [b, a];

下記は n 番目のフィボナッチ数を求める関数 fibonacci の実装例です。 2 つの変数 ab の値を分割代入でスワップしながら計算していくよい例になっています。

function fibonacci(n) {
  let a = 1, b = 1;
  for (let i = 2; i < n; ++i) {
    [a, b] = [b, a+b]
  }
  return b;
}

console.log(fibonacci(1));  //=> 1
console.log(fibonacci(2));  //=> 1
console.log(fibonacci(3));  //=> 2
console.log(fibonacci(4));  //=> 3
console.log(fibonacci(5));  //=> 5
2019-06-18