まくまくKotlinノート
lateinit による変数の初期化
2019-09-25

lateinit 変数とは

クラスのプロパティは、できるだけ val(再代入不可)変数として定義すると保守性の高いコードを作成することができます。 val 変数は生成時に参照先のオブジェクトを確定しておく必要があるため、変数の宣言時に代入するか、init ブロックでの代入が必要です。

class Potter {
    private val magics = mutableListOf<String>()
    //...
}

しかし、Android などのフレームワーク上で実装を行っている場合、どうしてもフレームワークによる初期化関数の呼び出しの段階まで変数の初期化ができないことがあります。 このようなケースで val 変数の代わりに使用できるのが lateinit 変数です。

下記は Android の Activity 実装の抜粋です。 ここでは、surfaceView 変数を lateinit で宣言することにより、初期化タイミングを onCreate() 呼び出しまで遅延させています。 lateinit 変数は var で宣言しないといけないことに注意してください。

class MainActivity : Activity() {
    private lateinit var surfaceView: SurfaceView

    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        surfaceView = SurfaceView(this)
    }

    //...
}

変数を lateinit 宣言することにより、non-null な初期化済みの変数として参照することができるようになります。 ただし、参照する前に必ず初期化(代入)されていることが条件となります。 初期化前に lateinit 変数を参照すると、次のような UninitializedPropertyAccessException が発生します。

Exception in thread "main" kotlin.UninitializedPropertyAccessException: lateinit property book has not been initialized

lateinit 変数の使用例

DI による依存注入

lateinit による変数初期化は、Dagger などの DI 系ツールで依存関係を注入するときにもよく使用されます。

class MyClass {
    @Inject
    lateinit var logger: Logger

    //...
}

上記の logger 変数は、Dagger により MyClass オブジェクトが生成されるときに自動的に初期化されます。

テストクラスの SetUp

下記は Kotlin のサイトに紹介されている例ですが、テストクラスの SetUp メソッドでテスト対象の初期化を行っています。

public class MyTest {
    lateinit var subject: TestSubject

    @SetUp fun setup() {
        subject = TestSubject()
    }

    @Test fun test() {
        subject.method()  // dereference directly
    }
}

参考情報

2019-09-25