まくまくKotlinノート
基本的な型の一覧
2019-01-23

Kotlin には、Java のプリミティブ型に相当する intboolean といった型は存在せず、すべてがオブジェクトです。

  • 数値型
    • Long – 64ビット整数
    • Int – 32ビット整数
    • Short – 16ビット整数
    • Byte – 8ビット整数
    • Double – 64ビット浮動小数点数
    • Float – 32ビット浮動小数点数
  • 文字、文字列
    • Char – 文字
    • String – 文字列
  • 論理型
    • Boolean
  • 列挙型
    • enum class で定義
  • 特殊型
    • Any – Java の Object に相当。すべてのクラスのスーパークラス。正確には Null 許容型のスーパークラスは Any ではなく Any?
    • Unit – Java の void に相当。意味を持たない値を表現する。AnyUnit のスーパークラスでもある。
    • Nothing – インスタンスが存在しないことを表現する。ある関数が Nothing を返すと定義された場合、その関数から return することはないことを示す(必ず例外を投げるとか)。Nothing はすべてのクラスのサブクラスである。
    • プラットフォーム型 – Java で定義された型で @NonNull@Nullable といったアノテートがされていないもの。Kotlin 側では String! のような ! 付きの型として表現され、Null 非許容型と Null 許容型のどちらとして扱うかは実装者に委ねられている。

下記は Kotlin で定義した変数が、Java のどの型に対応しているかを示しています。

// Null 非許容型
val i: Int = 1  //=> int
val d: Double = 0.1  //=> double
val f: Float = 0.1  //=> float
val o: Byte = 1  //=> byte
val b: Boolean = true  //=> boolean
val c: Char = 'X'  //=> char
val s: String = "ABC"  //=> String

// Null 許容型
val i_na: Int? = null  //=> Integer
val d_na: Double? = null  //=> Double
val f_na: Float? = null  //=> Float
val o_na: Byte? = null  //=> Byte
val b_na: Boolean? = null  //=> Boolean
val c_na: Char? = null  //=> Character
val s_na: String? = null  //=> String

// コレクション系
val list: List<Int> = listOf(1, 2, 3)  //=> List
val arr: IntArray = intArrayOf(1, 2, 3)  //=> int[]
2019-01-23