まくまく いろいろ ノート
テストピラミッドを意識してテストの自動化を進める
🏠HOME > いろいろ
2015-09-24

Mike Cohn が『Succeeding with Agile』で紹介した test automation pyramid というものがあります。 テストの自動化を進めるときは、このような比率になるように構築していくと、効率のよいテストを行えるようになります。

test-pyramid

一言でいうと、UI のテストと比べ、ユニットテストの方が費用対効果 (ROI: Return on Investment) が高いということです。 ヒューリスティックな要素が入り込む End-to-End のテストは、頑張って自動化しても、思ったほどの効果が得られないことが多くなります。 テスト記述にかかるコスト、メンテナンスにかかるコストなどを総合的に判断すると、ユニットテストの比率を最も大きくし、その次に統合テスト、最後に End-to-End (UI) テストの順になるようにテスト配分を考えるべきです。 Google も下記のような比率で考えるとよいといっています。

  • 10%: UI test (end-to-end test)
  • 20%: Integration test (components and services)
  • 70%: Unit test

ごく当たり前のように感じる構成ですが、開発の現場でよく見られるのは、テスト専門チームによるテストに頼ってしまう逆ピラミッド型 (inverted pyramid/ice cream cone) の構成です。

  • 70%: UI test (end-to-end test)
  • 20%: Integration test (components and services)
  • 10%: Unit test

リファクタリングの技術、ユニットテストの技術を向上させ、理想的なピラミッド型のテスト配分に近づけていくことで、ソフトウェアの品質は上がっていきます。

🏠HOME > いろいろ
2015-09-24