まくまくMeta Traderノート
音声を再生する
2014-12-07

PlaySound() を使って WAV ファイルを再生することができます。

使用例

PlaySound("alert.wav");

パラメータでは、MetaTrader の Sounds ディレクトリ内の WAV ファイルを指定できます。

  • alert.wav
  • alert2.wav
  • connect.wav
  • disconnect.wav
  • email.wav
  • expert.wav
  • news.wav
  • ok.wav
  • stops.wav
  • tick.wav
  • timeout.wav
  • wait.wav

音声の再生は非同期に実行されるため、PlaySound() の呼び出しがプログラムを停止させることはありません。音声の再生中にもう一度 PlaySound() を呼び出すと、現在再生中の音声は停止し、新しく指定した音声の再生が開始されます。例えば、下記のように連続して実行すると、最後に指定した音だけが聞こえます。

PlaySound("alert.wav");
PlaySound("ok.wav");

パラメータに NULL を指定すると、現在再生中の音声を停止することができます。

PlaySound(NULL);

次の Script は、1 秒おきに異なる音声を再生していきます。

void OnStart() {
    string sounds[] = {
        "alert.wav", "alert2.wav", "connect.wav",
        "disconnect.wav", "email.wav", "expert.wav",
        "news.wav", "ok.wav", "stops.wav",
        "tick.wav", "timeout.wav", "wait.wav"
    };

    for(int i = 0; i < ArraySize(sounds); ++i) {
        Print("Sound file: " + sounds[i]);  // Experts タブにファイル名を表示
        PlaySound(sounds[i]);  // 音声を再生
        Sleep(1000);  // 1秒待つ
    }
}
2014-12-07