まくまくMeta Traderノート
画面上にテキスト出力する (1) Alert, Comment, Print の基本
2015-01-31

プログラムのテストや、ユーザへの通知のために画面上にテキストを表示したい場合は、下記の関数を使用できます。

  • Alert() – アラートボックスでテキスト表示(Strategy Tester での実行時は無視される)
  • Comment() – チャートの左上にテキスト表示
  • Print() – Terminal ビュー (Ctrl+T) の Expert タブ内にテキスト表示

使用例

メソッドごとに出力先は異なりますが、どのメソッドも渡されたパラメータの型によって適切な形式でテキスト表示してくれます。

string s = "Hello";
bool b = true;
int i = 100;
float f = 0.123456789f;
double d = 0.123456789;
datetime dt = TimeLocal();
color cl = C'0xFF,0xC0,0x80';

Alert(s);  //=> Hello
Alert(b);  //=> true
Alert(i);  //=> 100
Alert(f);  //=> 0.12346
Alert(d);  //=> 0.123456789
Alert(dt); //=> 2014.12.19 23:59:59
Alert(cl); //=> 255,192,128

パラメータは複数渡すことができ、それぞれが連結されて表示されます。

Print("value = ", value);  //=> "value = 100"

出力時に改行を入れたい場合は、文字列中に改行コード (\n) を含めれば OK です。

Comment("AAA\nBBB\nCCC");
2015-01-31