まくまくNode.jsノート
環境変数の代わりに .env ファイルを使用する (dotenv)
2019-03-26

dotenv モジュールとは

Node.js のプログラムから環境変数を参照するには process.env を参照します。

ユーザー設定を環境変数で行うようにしているアプリはよくあるのですが、たかが 1 つのアプリのために環境変数を設定するのは嫌だというユーザーは少なからずいます(設定がどこで行われているのかわかりにくいという理由もあります)。

dotenv モジュールを使用すると、カレントディレクトリに置かれた .env ファイルを読み込み、そこに記述されたキー&バリューのペアを process.env 経由で参照できるようになります。

つまり、ユーザはアプリの設定を、従来通り環境変数で行うこともできるし、.env ファイルでも行うことができるようになります。 環境変数を使ってアプリの挙動を変えるような実装をしている場合は、.env ファイルによる設定もサポートしておくと親切です。

dotenv モジュールのインストール

dotenv モジュールは npm コマンドで下記のようにインストールすることができます。 インストールされたモジュールは node_modules ディレクトリに格納されます。

$ npm install dotenv
$ npm install dotenv --save  # package.json に依存情報を追記する場合

dotenv モジュールの基本的な使い方

まず、サンプルの設定ファイルとして、プロジェクトのルートディレクトリに、下記のような .env ファイルを作成します。

.env

# これはコメント行
KEY1=VALUE1
KEY2=VALUE2
KEY3=VALUE3

.env ファイルの内容を読み込んで、process.env オブジェクトのプロパティとして参照できるようにする下記のようにします。

sample.js

require('dotenv').config();

基本的にはやることはこれだけです。 仮に、.env ファイルが見つからない場合は、単純に無視されるだけなので、上記のコードは安心して入れておくことができます。

後は、通常の環境変数と同様に process.env オブジェクト経由で値を参照するだけです。

require('dotenv').config();

console.log(process.env.KEY1);  //=> VALUE1
console.log(process.env.KEY2);  //=> VALUE2
console.log(process.env.KEY3);  //=> VALUE3

より実践的には、下記のように、設定が正しく行われているかの確認をするのがよいでしょう(これは、dotenv モジュールを使用しない場合でも同様ですが)。

require('dotenv').config();

if (typeof process.env.KEY1 == 'undefined') {
  console.error('Error: "KEY1" is not set.');
  console.error('Please consider adding a .env file with KEY1.');
  process.exit(1);
}

console.log(process.env.KEY1);  //=> VALUE1

.env ファイルの記述ルール

  • 空行は無視されます
  • # で始まる行はコメントだとみなされます
  • 値にスペースを含んでいてもクォーテーションで囲む必要はありません(KEY1=AAA BBB CCC も OK)。シングルクォートやダブルクォートで囲んでもよいです
  • 値の記載を省略した場合は空文字になります(例: KEY1= とすると、{ KEY1: '' } になる)
  • キーや値の前後の空白は削除されます。削除したくない場合は、シングルクォートかダブルクォートで値を囲む必要があります(例: KEY1=' AAA '
  • エンコーディング形式は utf8 で保存します(dotenv.config() のオプション encoding で変更できます)

dotenv によって読み込んだ値のみを参照する

dotenv.config() によって返されるオブジェクトの parsed プロパティを参照すると、.env ファイルで設定されているキー&バリューをオブジェクトの形で参照することができます。

sample.js

const dotenv = require('dotenv');
const result = dotenv.config();
console.log(result.parsed);

実行結果

$ node sample.js
{ KEY1: 'VALUE1', KEY2: 'VALUE2', KEY3: 'VALUE3' }

カレントディレクトリではなく、js ファイルと同じディレクトリにある .env ファイルを読み込む

デフォルトでは、.env ファイルの読み込みパスは下記のように構築されるため、node コマンドを実行したときのカレントディレクトリに置かれた .env ファイルが読み込まれます。

path.resolve(process.cwd(), '.env');

通常はあまり問題になることはありませんが、js ファイルが置かれたディレクトリ以外から node コマンドを実行する場合(例: node myapp/main.js みたいに実行した場合)は、.env ファイルが読み込めずに混乱するかもしれません。

カレントディレクトリではなく、プログラム(.js ファイル)自体が置かれたディレクトリ内にある .env ファイルを読み込むようにするには、dotenv.config()path オプションで下記のようにパス指定します。

const ENV_PATH = path.join(__dirname, '.env');
require('dotenv').config({ path: ENV_PATH });

dotenv によって .env ファイルの内容がうまく反映されない場合

デバッグモードで確認する

dotenv.config() のオプションで debug フラグを true に設定しておくと、dotenv の処理内容が表示されるようになります。 これにより、.env ファイルの記述方法のミスなどを発見できます。

require('dotenv').config({ debug: true });
$ node sample.js
[dotenv][DEBUG] did not match key and value when parsing line 1: THIS_IS_AN_INVALID_LINE

環境変数に同じ名前の変数が設定されている

環境変数と、.env ファイルに同じ名前のキーが設定されている場合は、環境変数の設定の方が優先されます.env ファイルに設定した設定が反映されておらず、別の値が設定されているような場合は、環境変数の設定を確認してみてください。

.env ファイルは Git にコミットしない

.env ファイルは、ユーザ固有の設定や、Web API 接続用のキーなどの設定を行うために使用されます。 Git などのバージョン管理システムには、.env ファイルをコミットしないように気を付けてください。

Git を使用する想定であれば、プロジェクトのルートに置いた .gitignore ファイルに下記のようなエントリを追加しておきましょう。

.env

これで .env ファイルが Git の管理化から外されます(git status などでコミット候補として表示されなくなります)。

2019-03-26