まくまくPythonノート
Python のパッケージ管理ツール (pip)
2015-05-17

pip とは

Python のパッケージ管理ツールである pip コマンドは、従来の setuptools で提供されていた easy_install コマンドを置き換えるものです。 pip コマンドは、主に Python Package Index からパッケージをダウンロードしてインストールします。

pip のインストール

Python 3.4 以降の Python インストーラを使用すると、pip コマンドは標準でインストールされます。 下記のいずれかの方法ですでにインストールされているか確認しましょう。

$ pip --version
$ python -m pip --version
$ python3 -m pip --version

単体でインストールする必要がある場合は、基本的には下記のサイトに従ってインストールします。

  • https://pip.pypa.io/en/stable/installing.html

pip 1.5.1 までは、setuptools の easy_install コマンドを使用してインストールしていましたが、現在は get-pip.py スクリプトを使ってどの OS 環境でも統一された方法で簡単にインストールすることができます。

$ curl -kL https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py | python3

プロキシ環境で使用する場合は、--proxy=proxy.example.com:8080 のようにオプション指定します。

pip によるパッケージのインストール、アンインストール

$ pip install <package>
$ pip install -U <package>  # パッケージを最新版にアップグレード
$ pip install -I <package>  # パッケージをインストールしなおす
$ pip uninstall <package>   # パッケージのアンインストール

プロキシ環境で使用する場合は、--proxy=proxy.example.com:8080 のようにオプション指定します。

pip コマンド自体のアップデート

$ pip install -U pip
2015-05-17