まくまく R ノート
R 環境の Locale 設定(日本語を使用する)
🏠HOME > R
2015-12-28

R コンソールを起動したときに、システムの Locale 設定が正しく行われていないと、下記の様な警告メッセージが表示されます。

Mac OSX での Locale 設定の警告メッセージ

During startup - Warning messages:
1: Setting LC_CTYPE failed, using "C"
2: Setting LC_COLLATE failed, using "C"
3: Setting LC_TIME failed, using "C"
4: Setting LC_MESSAGES failed, using "C"
5: Setting LC_MONETARY failed, using "C"
[R.app GUI 1.66 (7060) x86_64-apple-darwin13.4.0]

WARNING: You're using a non-UTF8 locale, therefore only ASCII characters will work.
Please read R for Mac OS X FAQ (see Help) section 9 and adjust your system preferences accordingly.

R コンソールで正しくメッセージ表示を行うには、少なくとも UTF-8 を使用する設定を行っておく必要があります。

Mac OSX でシステムの Locale 設定を変更する

Mac の Terminal コンソールで defaults コマンドを使用すると、システムの Locale 設定を変更することができます。 ヘルプメッセージなどを日本語にしたい場合は、js_JP.UTF-8 の方を指定してください。

$ defaults write org.R-project.R force.LANG en_US.UTF-8  # 英語表示
$ defaults write org.R-project.R force.LANG ja_JP.UTF-8  # 日本語表示

上記を実行してから R コンソールを立ち上げ直すと、正しく Locale 設定が反映されます。 あるいは、R コンソールから下記の様に設定することもできます。

> system("defaults write org.R-project.R force.LANG ja_JP.UTF-8")

locale コマンドを実行すると、現在の設定を確認することができます。

> system("locale")
LANG="ja_JP.UTF-8"
LC_COLLATE="ja_JP.UTF-8"
LC_CTYPE="ja_JP.UTF-8"
LC_MESSAGES="ja_JP.UTF-8"
LC_MONETARY="ja_JP.UTF-8"
LC_NUMERIC="ja_JP.UTF-8"
LC_TIME="ja_JP.UTF-8"
LC_ALL=

参考

🏠HOME > R
2015-12-28